サラ・コナー復活!正式な続編と明言された『ターミネーター』の新作に期待!

   

 

 

人間VSコンピューターの人気シリーズ

27歳の新人映画監督ジェームズ・キャメロンがわずか650万ドルで 製作したB級アクション映画『ターミネーター』

人類とサイバーダイン社が開発した人工知能を搭載 する軍事コンピュータ”スカイネット”の戦いを描いたSF映画。

『ターミネーター2』は、第1作『ターミネーター』でのサラ・コナー(リンダ・ハミルトン)と ターミネーターの死闘から10年後を舞台にした物語。

その後シリーズ化が進むも、2回とも断念される

3部作の序章であることも明かされていたが、製作会社の倒産と版権の売買により、続編は製作中止に。

新3部作の第1弾として『ターミネーター:新起動/ジェニシス』が公開されたものの、アメリカ国内では批評・興行共に不振に終わり、第2弾以降は取り消しに。

そんな中、パート1&2で監督を務めた男が立ち上がった

ターミネーターの新作楽しみだなぁ✨

スマッシュヒットを記録した破天荒ヒーロー映画『デッドプール』のティム・ミラー監督を起用。

パート2の正式な続編として製作される

ジェームズ・キャメロンは、「われわれは『ターミネーター3』以降の3作品が悪夢だったふりをすることになる」と語った。

「ターミネーター3」から「ターミネーター:新起動 ジェニシス」に至るまでのシリーズ作品を、なかったものとして製作されることが明らかになった。

俺は結構好きだったけど残念
でもなかった事にって明言するのは珍しいね #ターミネーター

『ターミネーター:ジェネシス』ってなかった事になるの…? twitter.com/oriver_cinema/…

なぜジェームズ・キャメロンは「なかった事」にしたいのか?

 

 

exs004

 

 

 

 -

×