14年ぶりにポケモン主題歌!林明日香の復活に喜びの声多数!

   

 

 

今月15日劇場公開のポケモンの新作映画

国民的アニメ「ポケットモンスター」の劇場版第20作映画『劇場版ポケットモンスター キミにきめた!』

第1話のラストで登場したホウオウを見て交わした「いつか、あいつに会いに行こう」という約束の続きを描く完全オリジナルストーリー。

今回話題なのはストーリーだけではない!

エンディングテーマ曲「オラシオンのテーマ ~共に歩こう~」を林明日香が歌唱していることが発表された。

iTunes Storeでは、映画公開日の7月15日より「オラシオンのテーマ ~共に歩こう~」の誕生した背景が音で楽しめるパック音源の配信が決定。

オラシオンのテーマ ~共に歩こう~
今回のポケモン映画ED
小さかった頃思い出す‍♂️‍♂️‍♂️
pic.twitter.com/6QM2ov84tU

「オラシオン」は、2007年公開のシリーズ10作目「劇場版ポケットモンスター DP ディアルガVSパルキアVSダークライ」の劇中で重要な意味を持つ楽曲として登場。

今年のポケモン映画のエンディング曲
「オラシオンのテーマ~共に歩こう」
なので、10年前のポケモン映画で「オラシオン」が使われたシーンを振り返ってみる。(最後にサトシから一言) #ポケモン映画 pic.twitter.com/UVEgbyZRGj

「ポルノグラフィティ」「広瀬香美」などのプロデュースを手掛けてきた本間昭光さんがメロディーの作曲・編曲を担当。

実は林明日香は過去に劇場版ポケットモンスターの主題歌を歌っていたのです

2003年公開の同シリーズ6作目『劇場版ポケットモンスター AG 七夜の願い星 ジラーチ』の主題歌「小さきもの」を担当。

ポケモン映画の主題歌においては、小林幸子の「風といっしょに」、藤井フミヤの「明日天気にしておくれ」、森公美子雨の「虹がうまれた日」などと並んで、神曲と言われている。

待って、ポケモンの主題歌林明日香さんって聞いたんですけど…、あと、オラシオンのテーマって聞いたんですけど…!
私 林明日香さんの「小さきもの」で泣くし、オラシオンの草笛も鐘も泣くんですけど、水分足りるかな…。
とりあえず、歌えるようにしよう←

待ってオラシオンってダークライのときのあの曲だよね?!?!しかも林明日香って小さきのもの歌った人じゃん!!!!!やばい泣く!!!!!!! pic.twitter.com/2VZ8SAfZjL

そもそも林明日香とは?

幼少期から歌が大好きだったそうで、2001年の12歳の頃、ピアノを習い始めたときに歌った歌声が音楽プレーヤーの耳にとまり、13歳で歌手デビュー。

ファーストアルバム「咲」では、日本・台湾・香港・中国で同時リリース。

 

 

exs004

 

 

 

 -

×