PS4やSwitchで最新作続々…まだまだ熱い「E3 2017」

   

 

 

・現在ロサンゼルスで行われている「E3 2017」

2017年6月13日~15日,カリフォルニア州ロサンゼルスのLos Angeles Convention Centerを舞台に,北米最大規模のゲームイベント「E3 2017」が開催

E3 2017の公式サイトにリストアップされた出展企業は約250社で,イベントを主催する北米の業界団体ESA(Entertainment Software Association)の発表によれば,このうち79社が,初めての出展になる

Xbox One Xは、「現在最高性能のゲームコンソール」でありつつ、「Xboxとしては最小」とされている。

▼その後もまだまだ続く最新情報

■ソニーがPS4で新しいサービスを発表

Sony Interactive Entertainment Europeは,E3 2017の開催に合わせて,「PlayLink FOR PS4」という新たな試みを発表した。

PlayLink FOR PS4は,スマートフォンやタブレットをサブディスプレイ,あるいはコントローラとして使って遊ぶゲーム群の総称

対応タイトルのひとつとして映像が公開された『HIDDEN AGENDA』は、『UNTIL DAWN』を手掛けた開発チームによる犯罪スリラーで、2017年発売予定。

■最新作も続々登場する

移植でないPSプラットフォーム向け新作としては2010年以来(PSPで発売)

カプコンが『モンスターハンター』シリーズのPS4向け完全新作『モンスターハンター:ワールド』を初公開

公開された映像では、巨大なモンスターとの戦闘シーンのほかに、プレーヤーが迷彩色のアイテムを使って偽装してモンスターをやり過ごしたり、銃のような武器でモンスターを撃つ、フックのようなものにつかまってジャンプするシーンなどが公開され、最後に「2018 early」と表示された。

国内向け対応プラットフォームはPS4のみ。グローバルでは PS4 とXbox One 同時期、その後PC向けリリース予定です。

“PlayStation E3 MEDIA SHOWCASE”にて発表された、プレイステーション4版『ワンダと巨像』。

広大なオープンフィールドの美しい景観や、強大な巨像にしがみつきよじ登るゲーム性、戦うたびに明かされていくストーリーなどが国内外で評価を得ている。

ソニー・インタラクティブエンタテインメントワールドワイド・スタジオ プレジデント吉田修平氏は?

「リメイクです。今回は、ゲーム内容はオリジナル版といっしょですが、アセットはすべて作り直しています。PS4の時代に『ワンダと巨像』を作るなら、こういう技術が使えるだろうと。Bluepointは、PS3向けの『ICO』と『ワンダと巨像』のリマスター版を作った開発会社なんです。」

「同じですが、操作系などは時間とともにユーザーさんの好みが変わっていますので、現代風に遊べる工夫を入れようと思っています。」

「スパイダーマン」の新作ゲームを2018年に発売すると発表した。

ゲームはスパイダーマンを操作し敵を倒す内容で、映画さながらのなめらかな動きが特徴。

 

 

exs004

 

 

 

 -

×