【2018年登場か】プレイステーション5(PS5)発売日、性能、価格、ソフトまとめ

   

 

 

PS4の後継機が果たしてPS4 Proでプレイステーション5(PS5)はどんな進化を遂げた?プレイステーション5(PS5)発売日が2018年か2020年?この記事はプレイステーション5(PS5)最新情報をまとめてみました!プレイステーション5(PS5)発売日、価格、新機能、スペック向上、いろいろご期待される情報をおそろって紹介してます。

○ プレイステーション5(PS5)リリース日

プレイステーション5(PS5)リリース日に関しては、様々な説がありそうです。海外メディアによると、プレイステーション5(PS5)は2018年か2020年に発売する可能性が高いです。

プレイステーション1(PS1)リリース日:1994年12月3日

プレイステーション2(PS2)リリース日:2000年3月4日

プレイステーション3(PS3)リリース日:2006年11月11日

プレイステーション4(PS4)リリース日:2013年11月15日

プレイステーション5(PS5)リリース日:2018年11月~2020年11月(噂)

○ プレイステーション5(PS5)価格について

2018年~2020年に発表と噂されるプレイステーション5(PS5)。その価格が399ドル以上になる可能性が報じられてい ます。

PS1:299ドル  (1994年12月3日に発売)

PS2:299ドル  (2000年3月4日に発売)

PS3:599ドル  (2006年11月11日に発売)

PS4:399ドル  (2013年11月15日に発売)

PS5:399ドル  (2018年11月~2020年に発売)

○ プレイステーション5(PS5)スペック、機能について

プレイステーション5(PS5)のスペック、最新機能などをまとめました。

ソニー「プレイステーションVRは発売後、新型モデルプレイステーション5(PS5)ではほとんどのゲームがVR対応になります。

世代の最後あたりで「PSVR薄型」が出そう。あとPS5のときには4K対応のVRヘッド セットとか出て欲しい。

プレイステーション5(PS5)はより綺麗に描くことを目指しそうです。

クライマックススタジオのジェイミー・フィッシャーは次世代ゲーム機がスーパーリアリズムを採用するのは ほぼ間違いなく、PS5にはそれを成し遂げられる可能性が潜在的に存在していると思っているようだ。

PS4→ほぼ実写 PS5→実写 PS6→実写以上のグラフィック

PS4はPS3となんら代わり映えがしなかったのが残念、PS3で粗かった部分が修正されただけ(解像度が増しただけ)。PS3よりもっとクオリティが上がるのかと思った(実写を期待)次の次世代機(PS5)で、ゲーマーが望むよりリアルなグラフィックと従来型PSからPS4までの互換機能を搭載した最高のゲーム機として終わらしてくれ!

PS5は従来のような据え置き機ではなく、クラウド機能を用いた、今までとは全く異なるゲームハードウェアとして開発される可能性があるということも示唆していました。この機能によって、ゲーム機自体が必要なくなる、もしくはさらに小型化されます。

PS5にクラウドゲーミング機能が搭載される可能性は大いにあると考えられます。ソニーが提供しているサービス「PlayStation Now」、「Gaikai」買収を元に予想していきます。従来のPlaystationやWiiといったハードはそのゲーム機で演算処理も行っていたわけですので、サーバー上で行ってくれるとその分小型化することが可能です。また、データ等の情報は全てサーバーで管理されるため、ストレージを用意する必要がなくなると思われます。これにより、ゲーム機自体の低価格化も見込めますね。

次世代のPSについては、PS4開発責任者である伊藤雅康氏が、「PS4でPlayStationシリーズを終了するつもりはなく、次世代のPlayStationも考えている」と述べています。クラウドゲーミングの機能を活用して、ゲーム画面がサーバーコンピュータからストリーミング配信されて、それをプレイヤー側のテレビに映し出されます。

AMD社によると2018年には現行製品の5倍のワットパフォーマンスを実現する製品が登場するとのことです。
PS5もこのチップを使用すると予想されているため、チップの登場とともに発売されるのではないかと噂されています。

米AMDは13日(現地時間)、2017年初頭に投入を予定しているZenアーキテクチャ採用の次世代CPUを「RYZEN」として正式発表した。 RYZENは最大8コア16スレッドで動作するハイエンドCPUで、動作クロックは3.4GHz以上。PS5がAMD最新のCPU採用確定 i7超え確実でスコルピオ完全死亡

AMDは、新CPU「Ryzen」から、チップ内の各ユニットを接続するインターコネクトのファブリックに「Infinity Fabric」を採用した。Infinity Fabricには、データ転送を行なう「Infinity Scalable Data Fabric(SDF)」と、制御系の信号を伝達する「Infinity Scalable Control Fabric(SCF)」の2系統がある。AMDのチップ設計手法を変えたInfinity Fabricのコントロールファブリック。

プレイステーション5(PS5)では、4Kの解像度で60fpsのスペックのゲームができるようです。

PS5で4Kの解像度で60fpsのスペックのゲームができる場合、今のPS4の何倍位のCPUやVGA能力が必要なんでしょうか?
ハードだけで見ると4~6倍程度の処理能力が必要かもしれません。ただし、この手のゲームはソフトの制作者側がいかにドライバの最適化ができるかによってパフォーマンスがかなり変わってくるので、大きくはそちらが問題になるでしょう。4Kはビデオメモリが特に必要では・・・

2TBのSSDに換装すると、爆速なんてのはよく言われてました。

 

 

exs004

 

 

 

 -

×